サウナ

海や川でのテントサウナならサンダルはKEEN[キーン]で決まりの理由

テントサウナで使う靴、サンダルをお探しですか?

 

それならば単刀直入に結論から言いますが

 

KEEN[キーン]のサンダルがおすすめです。

 

KEEN[キーン]ってなに?KEENなんか欲しくないよというあなたも

 

本記事を読めば、テントサウナでの靴、サンダルに何が求められるのかが

 

理解できるはずです。

 

本記事の内容

テントサウナならKEEN[キーン]

具体的にはKEENのNEWPORT[ニューポート]

なぜNEWPORTか?
テントサウナで求められるNEWPORTの機能とは?

どこで買う?

終わりに

 

 

テントサウナ行くならこの一足

 

まず結論から申し上げます

 

具体的なサンダル名、モデル名です。

 

KEENのNEWPORTですね

 

 

これ一択

 

そしてその他のKEEN[キーン]で似た構造の製品がオススメになります。

 

その理由は

 

テントサウナは基本室内はクソ暑いだけでなく
(地面が砂利でも砂でも裸足は無理です)

 

狭かったりで、つまずいたり、足をぶつける危険性があります
(歩きやすさと守備力の高さ、この2点が同時に求められます)

 

火傷の危険や、海や川での足の怪我のリスクもあります
(そのまま最速で水風呂に直行できる水陸両用性能が必要)

 

その辺を中心にテントサウナでのサンダルに求められることを解説しつつ

 

KEENのサンダルの良さもお伝えできる内容となっています。

 

 

なにがオススメの理由なのか?

サンダルだが『つま先を守ることができるもの』

 

サンダルでありながら、靴を履いている安心感とそれ同等以上の保護性能

 

キーンが創業と同時に発表したモデルが「Newport」であり

 

まさにKEENのコンセプトを具現化したモデルになっています。

 

繰り返しになりますが

 

サンダルだが『つま先を守ることができるもの』

 

まずこれがテントサウナでオススメする一番の理由になります。

 

ここまで読んで「それならクロックスでよくない?」

そう考えられた方もいるでしょう、まだまだ他にも理由があるんです。

 

続けていきますよ。

 

なぜNewportか?

テントサウナで実際に使用して良かったのは

 

やはりつま先が守られている安心感

 

そして圧倒的歩きやすさとデザイン性を兼ね備えている点です

 

テントサウナの荷物、テントサウナグッズとしてのサンダルではなく

 

靴を超えたサンダル、サンダルとは一線を画すシューズ。KEEN創業モデル NEWPORTH²O(水辺対応)バージョン、水陸両用で軽量、都市部や旅行での使用にも最適(公式HPより)

 

KEENでテントサウナに向かいKEENでそのまま帰宅できるということです。

 

また購入理由として付け加えるならば

 

ちょっと高い?という理由で人とかぶらないですね。

 

人によっては靴としてはそんなに高価でもないかもしれませんが

 

サンダルというカテゴリー限定では高価な方で間違い無いです。

 

それゆえ人と被りにくい

 

それでいて春から夏の終わりまで使用できちゃうスグレモノです。

 

(筆者は秋まで余裕で履いてます)

 

デザイン性が高くカラーが豊富で人と被りにくいのもプラスです。

 

デザイン性なんて求めてない?

 

メンズなら海パンとサンダルとせいぜいサウナハットくらいしか個性主張ポイントがありません

 

サウナが趣味ならちょっとこだわってもいいんじゃないでしょうか?

 

日頃の行きつけのサウナ施設や、スーパー銭湯でも履いていけますしね。

 

やはりサウナ後は裸足にサンダルが基本、最高です。

 

KEENのNEWPORTどこで買う?

ネットショピングで買うなら

 

ヤフーショッピングや楽天など、いつも使っているところで問題ないのですが

 

注意点はあります。

 

実店舗で試着は必須です。

 

ジャストフィットでこそ真価を発揮する商品ですので、そこは慎重に履き比べて

 

最高のフィット感を追求したいところです。

 

どんな履き物でもサイズはジャストが良いのに決まってるのは当然かと思いますが

 

サンダルなんだから多少の誤差はOKと考えるのは勿体無いのでやめてほしいところです。

 

そんな認識で購入すると失敗につながりかねません。

 

スニーカーで許容できる範囲でもサンダルだと致命的になるかもしれません。

 

 

「近所に実店舗がないよ」とか「そんな時間も手間も掛けられない」という方は

 

ぜひamazonの試着を利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

Amazonプライム無料体験はこちら

 

これはどんな仕組みかと言いますと

 

(ざっくりいきます)

 

①まず自分の足のサイズは大体どのメーカーでも27cmくらいから試着する人だとします。

②たとえばamazonで26.5cm、27cm、27.5cmの3サイズを注文します。

③3サイズが自宅に届きますので試着してベストなサイズを選定します。
(試着期間は7日間、実際は数分で判断できると思います。)

④どうやら26.5cmが良さそうだとわかったとします。

必要のない27cmと27.5cmをamazonに返送します。
(返送用の梱包材は初めに送られているので入れてコンビニに持ち込むだけ)

ここで、なんと返送代金ゼロです
(返送しなかった商品だけ料金が請求されます)

これで圧倒的に時短でベストなサイズを購入できます。

 

現在こちらの制度、サービスの名称は

 

Prime Try Before You Buy』となっています。

 

アマゾンで試着は実店舗で試着するような(でも実際にはネットで買う)うしろめたさもありませんし

 

実店舗に行き裸足で試着するのちょっと気が引けるという方にももってこいの制度です。

 

何より求める結果に対する時間や手間にシビアな方には、確実に有益な購入方法になりますね。

 

デメリットは、Yahooや楽天で購入した方がポイントがつく可能性が高いということだけでしょうか?

 

 

しかしそれは人それぞれでamazonでの試着にメリットを感じる方もけっこう多いはずです。

 

ぜひご自身に合った方法でシンデレラフィットのサイズ感を追求して

 

KEENの潜在能力を最高値まで引き出して使用してもらいたいです!

 

amazonの試着はamazonプライムの特典であり

プライム会員のみ利用できます。

 

Amazonプライムの料金は月間プランの場合、月額500円です。

 

ほかにも良いこといっぱいなので、まだの方はこれを機に会員に

 

必要なかったらすぐに解約で良いんじゃないでしょうか?

 

Amazonプライム無料体験はこちら

 

余談ですが筆者は1000円程度の靴(というか足袋)を購入するために

 

3サイズ注文してこのサービスを利用したことがあるのですが

 

(その時は今とはサービスの名称は違いましたが)

 

ほんと利益出てんのこれ?返送もタダだし...って正直思いましたね。

 

神サービスですこれは。

 

テントサウナで求められるNEWPORTの機能とは

 

とにかく本格的に熱くて、狭い室内で火傷や怪我から身を守る

 

歩きやすさと守備力の高さ

 

いくら頑丈でも歩きやすさが損なわれると危険ですし

 

水を吸収して含んだり、それによって重くなったり

 

靴内に水が溜まってしまう構造だと川や海の中で非常に危険です。

 

快適さや気持ちよさもダダ下がりですね。

 

テントサウナから出てそのまま海や川に飛び込めるサンダルとしての使い勝手の良さと

 

ジャストフィットで安全と快適さを維持してくれる安心感

 

スリッパタイプやサボサンダルタイプでは履いたまま泳げませんし

 

無理して泳いだらサンダルが脱げて流されていってしまうのがオチです。

 

KEENのNEWPORTではありえません

 

ジャストフィットのKEENは完全に足と同化してますから。

 

小一時間干せば、履いて帰ってこれる速乾性も兼ね備えています。

 

まさにこんな使い方こそが本領発揮するところではないでしょうか。

 

ハイブリッド・フットウェアという言葉を生み出した、KEENプロダクトの真骨頂。靴を超えたサンダル、サンダルとは一線を画すシューズ。(HPより)

 

 

筆者はKEEN[キーン]をこう使い込んだ

ここは筆者が履いてきたKEENのNEWPORTの話ですので飛ばしても問題ありません。

 

1足目はKEENのNEWPORT

 

ひと目でKEENとわかる安定感と安心感のあるデザイン

 

雑誌などでKEENの特集を見て常々気になっていたところ

 

実店舗で割引になっていたので試着したところジャストフィットで即購入

 

比較的温暖な地域で年間の約7割をキーンで過ごし

 

4−5年履いた後ソールがパックリ剥がれてきました

 

1足目はもう完全に履き潰しましたね

 

これまで履いたどのスニーカーよりも徹底的に履き潰しました。

 

すこぶる頑丈です

 

それはもうどこにでも履いていったし

 

(デザイン性、機能性で)

 

どこへでも履いていけました

 

KEENの2足目を購入することも全く迷いはありませんでした

 

その時はネットで購入

 

同じモデルを購入、同じサイズを購入したはずですが

 

よく見たら微妙に違うモデル

 

エヴォフィット(KEENの別モデル)を購入していました。

 

 

こちら1足目と同じサイズを購入したのですが

 

見た目からもわかるとおりより密着感があり

 

同じサイズでも少々キツく感じてしまいました。

 

それでも今でも履いていて、もう3−4年は履いています。

 

とにかく同じKEENでも違うモデルを買うときは

 

同じサイズだからと油断せず

 

今一度、念の為試着することをお勧めします

 

店舗購入でも、ネット購入でも確実に試着して購入しましょう。

サイズ感がジャストかどうかで全然評価は変わってしまう商品だと考えます。

 

 

おわりに

べつにKEENじゃなくても良いんですけど...

 

ここまで読んでくれたならきっとテントサウナで求められるサンダルのイメージは

 

かなり湧いたかと思います。

 

中にはキーンのサンダルといえばユニークって人もいるとは思うのですが

 

※ ユニークはコレです ↓

 

 

テントサウナでユニークは違うかなって、個人的な感覚ですがそう思っちゃいます。

 

しかしスタイリッシュでカッコいいのも事実。

 

テントサウナとはいえこっちの方が似合う方もいるでしょう!

 

私の初キーンのNEWPORTを買った時には

 

まだユニークは発売されていなかったはずで

 

当時はNEWPORTのビジュアルとコンセプトがとにかくセンセーショナルで魅力的でした

 

たまたま当時見た映画の俳優さんが履いてたりもあってすぐ買っちゃいましたね。

 

テントサウナのためにkeen買ったわけではありませんが

 

初めてテントサウナに川辺に行ったときキーンを履いて行って

 

コイツはここに来たかったんじゃないかな?きっとそうだよねって感じました。

 

こういうシチュエーションのために作られたんだなと

 

とはいえ、どこでも行けちゃう万能さが売りなので

 

サンダルの固定観念は取っ払ってガンガン履いていくことができちゃうのも事実です。

 

ちょっと蛇足なエピソードになってしまうかもしれませんが

 

KEEN履いて、飲み屋街から1時間かけて自宅に徒歩で帰宅したことも何回もありますし

 

KEENのジャストサイズならどこまで歩いても苦にならないくらい普通に歩けます

 

子供たちと海にフラッと立ち寄って波打ち際で遊んだり

 

旅行も行ったし、公園で子供たちと走り回ったときも

 

大切な思い出も振り返ればいつもKEENと過ごしてきました

 

そんな、どこでも活躍してきたKEENのサンダルが

 

そして今、当初想定していなかったテントサウナでも大活躍

 

テントサウナは基本室内はクソ暑いだけでなく

 

狭かったりで、つまずいたり、足をぶつける危険性があります

 

火傷の危険や、海や川での足裏の怪我のリスクもあります

 

ギリギリまで耐えてからの海や川の水風呂でふらふらになってもしっかり足を包み込んで保護してくれます

 

サンダルなのにより過酷な状況になってこそ真価を発揮するヤツ

ラフに使える標準装備でありながら最終兵器感もあるところが本当に好きですね

 

ちょっとKEENに対する思い入れが強すぎる内容になってしまったかと反省していますが、あえてこのまま本記事は公開します。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

KEEN買って後悔はないです、試着だけは確実に!!

-サウナ

© 2024 Life Story Powered by AFFINGER5